不眠症

不眠症

 不眠症の症状は大きく4つに分かれます。

  • 入眠障害
  • 中途覚醒
  • 早朝覚醒
  • 熟眠障害

 自分がどのタイプの不眠症なのか把握することが、改善への第一歩です。

 

入眠障害

 入眠障害とは、いわゆる「寝つきが悪い」というものです。一般的には床についてから30分以内に寝れないことを指します。不眠の中でもっとも多いタイプです。
 不安や気がかりなことが頭に浮かんでくることがあります。眠ろうと安静な体勢になると、思考しやすい状態になり、いろいろ思い出されてしまうからです。

 

中途覚醒

 中途覚醒は、「夜中に目が覚める」というものです。
 物音がしたり、トイレに行きたくなったりして夜中に目が覚めるということは誰にでもあると思いますが、このタイプの不眠の人は再び眠りにつくのに時間がかかるという特徴があります。
 うつ病の症状の1つとして現れやすい症状です。

 

早朝覚醒

 早朝覚醒とは、「朝早く目が覚める」というものです。一般的には、予定の起床時間より2時間以上早く目が覚めることを指します。
 高齢者によくみられるタイプです。早朝に目が覚めて眠れなくなります。
 うつ病の症状の1つとして現れやすい症状です。

 

熟眠障害

 熟眠障害とは、「眠った感じがしない」というものです。
 睡眠時間の長さにかかわらず、ぐっすり眠った感じがしません。
 睡眠には浅い眠り(レム睡眠)と深い睡眠(ノンレム睡眠)がありますが、浅い眠りの状態が長いと、熟眠障害が起こるという見方もあります。

不眠症の診断

 上記のような不眠症の症状は、旅先などの不慣れな環境や、試験前日のような緊張する場面の前日、ストレスがたまっているときなどにもよく現れるものです。
 しかし、週3回以上十分に眠れない状態が1ヶ月以上続いて、本人が苦痛を感じていたり、社会生活に支障をきたしているような場合は、不眠症と診断されることが多いです。

日本の不眠症の現状

 日本では5人に1人が「よく眠れない」という悩みを持っているといわれています。このうち約半分が重症の不眠であり、治療が必要とされています。つまり、日本人のおよそ1割が重症の不眠症といえます。さらに、睡眠薬による治療を受けている人は、日本人の1%くらいといわれています。
 また、睡眠不足による作業効率低下から生じる経済損失は、日本全国で3兆円で、これに欠勤や遅刻、早退、交通事故などの損失を加えると3兆5000億円にものぼるという報告もあります。

不眠症の最大の原因

 不眠症の最大の原因と考えられるのは「ストレス」です。

 

 睡眠は人間にとって脳を休めるためにとるもので、これは自律神経によってコントロールされています。
 自律神経は交感神経と副交感神経で成り立っています。交感神経は主に昼間働き、副交感神経は主に夜間働きます。
 この2つの神経系が本来バランスよく昼夜で切り替わります。昼は交感神経が優位ですが、夜になると副交感神経が優位になり休息状態になります。

不眠は脳にダメージを与える

 不眠は脳にもダメージをあたえます。
 脳は体重の2%の重さしかないにもかかわらず、とても大量のエネルギーを使います。眠らないと静かにしているだけでも、脳はエネルギーを消費していきます。睡眠をとることで脳細胞をクールダウンさせることができますが、睡眠不足だとそれが十分にできず、脳にダメージを与えていくことになるのです。

不眠症記事一覧

【体験談】不眠症の治療

 不眠症を治療している方の体験談を紹介します。仕事の人間関係がきっかけで不眠症になった方です。原因の解消と薬による治療で改善した体験を記されています。不眠症の症状が出ているのに治療をためらっている方、参考になるかと思いますので、ぜひ読んでいただきたいと思います。人間関係がきっかけで不眠の症状が現れた...

≫続きを読む